フーチバーの花のつぼみの指輪ーtibumiリング

沖縄での日常の中で食卓に上る事が多く馴染みの深い薬草のフーチバー。

フーチバー(よもぎ)の花言葉は「幸福」「夫婦の愛情」だそうです。

つぼみの芽吹きを感じさせるデザイン(写真左:シルバー、中:K18)と、

繋がっていくデザイン(写真右:シルバー、ブラス)の4種類あります。

続きを読む フーチバーの花のつぼみの指輪ーtibumiリング

金細工×紅型と芭蕉布

「金細工×紅型と芭蕉布」のコラボ展示のお話が来たときに以前から取り組んでいた、紅型モチーフのmonyouシリーズの新作、「monyou松」のピアスをちょうど作っていた時でした。「monyou松」の紹介はまた次回に。

今回は芭蕉の葉っぱのネックレスのお話です。 続きを読む 金細工×紅型と芭蕉布

芭蕉のアクセサリー試作中

気づけばもう11月。

ただいま1月に予定している東京での展示会用で沖縄の植物がモチーフの「fhana」シリーズの新作に芭蕉のアクセサリーを試作しています。

芭蕉は高さが3メートルほどあり葉はどれも1枚1枚が1メートル近くあるので、できるだけ小さな葉っぱを選んでモチーフにしていますが、小さな葉っぱでも写真で比べるとあまりにも大きさが違いすぎ!

芭蕉から作られている芭蕉布は琉球王国時代、老若男女身分の別なく着用されたそう。芭蕉のある風景に出会うと沖縄の原風景を見ている気になります。

今月、喜如嘉(芭蕉を育て糸づくりから染色、織まで行う産地)にもお話を聞きに行くので、それまでに何か形にすべく小さくても芭蕉に見えるように、まだまだ試作は続きます。
続きを読む 芭蕉のアクセサリー試作中

海ブドウのピアスとネックレス

沖縄の植物をモチーフにした「fhana」に海ブドウが加わりました。

沖縄の特産物である海ブドウに、実がついた植物のような稲穂のような、見る人の想像力を掻き立てる形をプラスしました。

植物ではなく海藻では?と思われるかもしれませんが、沖縄にある魅力的な物だけでなく風習や精神性まで形にしたいと思っています!

身に着けた時に着け心地が良いよう、少しでも軽くなるように間引きし、小さい中にも華やかさが出るようにバランスを取りました。

「fhana」シリーズも「monyou」シリーズも少しづつアイテムを増やしていく予定です。

ブーゲンビリアが満開の季節となりました。

先日、打ち出し技法でのブーゲンビリアのペンダントトップのオーダーが入り製作しました。

(打ち出しとは、金属の板を金槌で叩いて立体にする技法です。)

オーダーをされたお客様はこのペンダントトップに革紐を合わせネックレスにされるそうです。

ブーゲンビリアの雰囲気に革紐がとっても合うだろうなと、想像しています。

今回製作してみて、自分用にもブーゲンビリアのリングを作りたくなりました。

ブーゲンビリアのシリーズを6月末の倉敷での展示に持って行けたらと考えてます。

沖縄でイメージする植物は?

沖縄の植物をモチーフにアクセサリーやオブジェを作っています。

数年前主人が堆錦の体験教室をしていた時、沖縄旅行者にはハイビスカスモチーフがとても人気のようでした。

沖縄では年中ハイビスカスを見かけます。

沖縄の魅力的な植物ってなんだろう?

でいご、ゆうな、月桃、サガリバナ、個性豊かな花が沢山あります。

身近な植物をモチーフにしようと考えたとき、沖縄に住むようになって、山や植物の濃い色鮮やかさが新鮮で、なかでも庭のあちらこちらに咲く華やかな満開のブーゲンビリアから南国の明るさを感じとてもきれい見えたことを思い出しました。

島の明るい光の中で逞しく育つ植物を探しつつ、特別なかたちにしていけたらと思っています。