手わざ 琉球王国の文化


今回、玉陵石獅子の模造復元を通して
500年前の先人の製作した石彫を追体験するという貴重な体験をさせていただきました。
作る前に感じていたおおらかな造形は実際に製作してみると
視線を誘導する緻密な構成と大胆さ
往時の技術の高さや丁寧な仕上げからは
強い想いが読み取れました。

製作に携わった8部門(絵画、木彫、石彫、染織、漆芸、陶芸、金工、三線)の
職人による模造復元の報告会では製作を進めるうえで
素材の枯渇や環境の変化、多くの不明点で皆さん同様に苦労されていましたが、
この機会に昔の手わざについて考える機会が得られたことは
文化伝統を未来に繋ぐ作り手の使命であり光栄に感じています。

現代の作り手による「手わざ 琉球王国の文化」が先人達の想いを次世代に繋ぐ機会になれば幸いです。

是非ご高覧ください。

手わざ 琉球王国の文化
会期:2020年02月04日(火) ~ 2020年03月15日(日)
開館時間:9:00~18:00(金・土は20:00まで) ※入場は閉館の30分前まで

休館日:毎週月曜日 ※ただし2/24(月)は開館
メンテンナンス休館(2/17(月)~2/21(金)、2/25(火)

場所:沖縄県立博物館・美術館
特別展示室1,特別展示室2,企画展示室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください